回転寿司でも寿司職人

本格的な寿司を提供する店舗としては、カウンターやテーブル席が揃っているということがよく見られます。しかし、店舗規模については各店によって様々であり、中には非常に大きな経営規模を持つような寿司店も存在します。一方で、カウンター席しかないごく小さな寿司屋も見つける事ができるでしょう。アルバイトとして寿司に関する仕事を選ぶ場合には、どの程度の規模の店を選ぶべきかについて迷うことになります。小さな寿司屋では、多様な仕事が経験できるという魅力があります。雑用から仕込まで、多種多様な仕事が体験できるため、職人としての成長が早いです。また仕事の成果次第では、すぐにカウンターに立って、お客に寿司を握るといった働き方ができる可能性があります。大きな店舗規模を持つ寿司屋であると、カウンターに立つまでには時間がかかるケースが多いです。同じく寿司職人を目指すライバルが職場に多く、またすでにアルバイト歴を長く持つ先輩たちがいます。彼らに先んじてカウンターに立つまでになるまでには、多くの期間の修行を必要とするでしょう。その間は、地道に下働きで修行を続けることになります。どちらの例で寿司の仕事をするかは、働く本人次第の判断によります。少数精鋭の店で働いた方が成長できる人や、あるいは多くのライバルに囲まれて修行した方が、将来の寿司職人として実力が伸びる可能性を持った人もいるため、ケースバイケースで考える事が求められます。また、一方で回転寿司ではチェーン展開している店舗が多く、寿司職人の仕事内容に関してもしっかりとした研修があり、マニュアルも存在するため、未経験者でもすぐに寿司職人デビューが出来ます。寿司職人と言っても回転寿司の場合はシャリは機会で握り、ネタは最初からカットされているものを乗せるだけですから簡単です。それでも、ネタの種類や取り扱い方法を覚えることが出来るので、勉強になることは間違いないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です